gino-blog

私の経験から学んだこと、趣味の国内旅行や筋トレなどについて発信していきます。

【夏の甲子園中止について】開催する方法を考えてみました。

こんにちわ。ginoblogです。春の甲子園コロナウイルスの影響で中止が決定しました。野球ファンの私にとっては、ショックで衝撃的な出来事でした。そして、高校総体も中止になり、スポーツを一生懸命頑張る高校生にとって、目標であった全国大会出場、日本一などといったことも不可能となってしまいました。コロナウイルスって本当に憎いです。しかしどうしようもないことですね。

 

そんな中で、夏の甲子園も中止がささやかれている状況です。このまま行くとほぼ中止が決定するでしょう。高校野球だけ特別扱いする訳にも行きませんからね。

 

ただ、私にとっては高校野球というのはファンとして何としてでも開催してほしいと強く願ってます。もちろん高野連もやる方法を考えてることでしょう。選手の安全を守ることが第一。。。確かに仰る通りですよね。でも選手達の思いはどうなんだろうって考えました。私も高校球児でした。甲子園を夢見てました。今私が高校球児だったらこんな状況でも甲子園を開催してほしいと思います。くさいかもしれませんが夢だったからです。甲子園を目指して一生懸命練習を積み重ねた日々がこんなことで破れるなんて、悔しいなんてどころじゃないです。

 

もし私が高野連の立場だったらどうだろうか。開催する方法を考えてみました。まず、どんな形でもいいので開催する方法を考えます。真っ先に懸念されるのは観客ですよね。最悪、選手と野球部に所属する応援団のみを球場に受け入れることです。観客を受け入れるとすれば、入場制限と席は完全予約制ですね。そしたらもう開催できますね。笑

 

そんな簡単な問題じゃないのは分かってます。。。でも選手達の意見を聞くべきです。それはどうゆう形でもできると思います。選手達に開催する方法の意見を聞くべきです。高野連だけで悩む必要ないですよ。方針を決定した上で、あとは学校側、選手達に大会に参加するか否かを判断するということが一番いいのかと考えてます。